ロードバイクの服装について解説【初心者編】

ロードバイクもようやく決まり何回か乗っていると段々気になってくるのが服装だと思います。

取り敢えずはスニーカーに普段着、もしくはスポーツウエアを着てロードバイクに乗っていると街ですれ違う人たちは体のラインが出るピチピチのサイクルジャージの人がほとんど、、、

ではサイクルジャージを買おうとお店に行くと意外と高くてどうしようと思った人は多いのではないのでしょうか。

もちろんお店の人はサイクルジャージを勧めてくるので、買いたいけれどもよくわからないという初心者の方に向けてロードバイクの服装を目的別にまとめてみました。

またサイクルジャージと合わせて、あると便利な物も紹介をしていきます。

正式なロードバイクの服装とは

正式なウエアはサイクルジャージと言う物で、これについて説明をしていきます。

ロードバイクとはもともとレースで使われている物になります。

レースの為に機能を優先させているのであのピチピチなデザインのウエアになっています。

ぴったりした服装でないと風でバタバタとしてしまい、空気抵抗があるとすごく走りにくくとても疲れてしまいます。

素材面では夏用は通気性がよく汗をかいてもすぐ速乾し、冬用は防風対策がされており風を通さないので一見薄そうに見えてもとても暖かい作りになっています。

そしてサイクルジャージの最大の特徴である背面のポケットには補給食やメンテナンス用品、薄手のウィンドブレーカーを収納出来るようになっています。

小さいですが案外収納力がありレース時は鞄を持たないので色々な物を詰め込んで走る事が出来ます。

ロードバイクを快適に乗る為に必要な装備がまとめられています。

僕はロングライドの時には背中のポケットが荷物でパンパンになりますが、快適に走れているので最大限利用する事をおススメします。

初心者が服装を選ぶには

初心者の方がウエアを選ぶ時に考えるといいのはロードバイクに乗る目的から決めてもらえれば一番いいと思います。

ロードバイクは色々な形で楽しむ事が出来るスポーツです。

レースに出たい方、遠くにツーリングで出かけたい方、のんびりとポタリング、街乗り、それぞれの楽しみ方があるので自分がどんな乗り方をしたいのかを考えてみてください。

絶対にサイクルジャージでないとダメだという事はありません。

特に街乗りでカフェなんかに行く場合はサイクルジャージだとすごく目立ってしまいます。

そういった場合は普段着でもなんでもいいと思います。

その代わり一つ気を付けてもらいたいのがチェーンやクランクに裾が巻き込まれたり、油で汚れてしまうので裾はすぼまっている形か太いパンツは履く場合は裾をまとめるバンドを使うといいですね。

僕も普段の移動の時にはGパンやジャージを着て乗る事もあります。

レースに適した服装

どんなスポーツでも適した服装があるようにロードバイクでもそういった物はあります。

それがサイクルジャージになるのですが、これを着るとスピードが1~2km/hくらい早くなったかと思う程快適に走る事が出来ます。

レースでは0.1秒を争ったり、標高1,600mのコースを上ったりするので、無駄な物は最低限まで省きレースに集中したいので必然とサイクルジャージを選ぶ事になります。

伸縮性や動きやすさ、暑さ寒さ対策がされているのでレースに出る事を考えている方は最初から準備をしておいた方がいいですね。

僕自身も最初は恥ずかしいと思いましたが慣れれば気にならなくなりました。

ツーリングに適した服装

風の抵抗を考えるとサイクルジャージの方が体力を温存する事が出来るのでなるべくおススメはしますが、ツーリングの場合はそこまで極限を極める必要はないので最悪サイクルジャージでなくてもいいと思います。

しかしなんでもいいと言うものの長距離を走るので、なるべく足は動かしやすく細身で伸縮性のある物がいいと思います。

足を動かしずらかったり窮屈な服だとツーリングをしていても意識がそっちに集中してしまい楽しむ事が出来ません。

あと絶対に用意をしておいた方がいいのがパット付きのインナーパンツになります。

長距離を走るとサドルが固いので疲れや擦れて痛くなってくるのでこちらは絶対に用意をしておかないといけないアイテムになります。

僕は最初はこんなのなくても大丈夫だと思っていましたが10km以上走った時に「絶対に必要だ」と感じその日の内に買いに行きました。

その他おススメアイテム

レッグカバー、アームカバー

日焼け防止の為や少し寒い時につけたりします。

特に日焼けは体力を奪うので、このカバーをつけていると走っている最中や走り終わった後の疲労度はかなり少なくなります。

僕はグローブをはめていると二の腕から手首までの日焼けになるのでかっこ悪いからよくつけています。

サイクルキャップ、ヘアーバンド

汗が垂れてくるのを防いでくれたり、寒い時期は保温の効果があります。

またヘルメットを被っていると髪型が崩れるので、お洒落にも気を使う方にはあった方がいいですね。

僕のおススメはヘアーバンドの方ですね。

夏は蒸れず、冬はちょうど暖かいのでなかなか気に入っています。

まとめ

やはりロードバイクに乗る上でおススメの服装はサイクルジャージになります。

しかしロードバイクに乗る目的や行先によっては普段着の方がいい場合もあるのでTPOで決めてもらえればと思います。

絶対にサイクルジャージでないとダメと言う事はないので、柔軟に対応していくのが一番ですね。

決まりにとらわれず、自分がいいと思う物を着る方が楽しいですよ!

今回は初心者の方がロードバイクの服装を選ぶ際に気にしてもらいたい点をまとめてみました。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください